海外不動産に関する本はどういうものがあるのか?その特徴は?

全般

・「儲かる不動産は東南アジアの“ここ”で買え: カンボジアベトナムマレーシア」

著者:福島啓修

今後経済成長に伴い不動産価値が上がる可能性が高いカンボジアやベトナムなどのアジア新興国に焦点をあてた本です。リスクを調べる前にこれら新興国不動産がなぜ注目されているのか?実際にどのような不動産バブルが期待されているのか?等の投資検討前に読むことでマーケットを勉強できます。
購入はこちらから

・「メコン諸国の不動産法:メコン地域における不動産投資をよりスムーズかつ安心なものに」

著者: 松本久美、村上暢昭、工藤拓人

タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオスなどのメコン諸国現地法律に精通した専門家が、不動産に関する法制度や習慣等について教えてくれています。新興国ゆえ年々法的な変化が起きうるため現行に即していない側面もある可能性はあるものの、投資前に考慮すべき法的リスク側面について一覧形式で記載されており、東南アジア不動産投資に興味がある方は目を通すことを推奨いたします。
購入はこちらから

先進国に関する本

・「アメリカ在住の日本人大家さんによる誰も教えてくれなかった海外不動産投資」

著者:大家実幸

自身で投資・管理を行った経験を赤裸々に語られており、投資家目線にたった本の一つであると思います。アメリカ不動産投資を検討されている方であればまずは手始めに読んでみて損はないと思います。
購入はこちらから

・「ハワイ不動産攻略完全バイブル」

著者:タカ河野、冨吉範明

日本人に最も人気があるハワイの不動産について初心者に優しくわかりやすい解説がされています。日本との違いについても書かれており、ハワイ不動産投資・購入前の初期段階で読むことでこれ以降の理解を深める手助けになると思います。
購入はこちらから

・「ゲームチェンジに対応するロサンゼルス不動産投資: 選ばれる投資先には理由がある 」

著者:田中秀夫

現在日本人に最も投資されている国と言っても過言ではないアメリカ不動産の中でもカリフォルニア州ロサンゼルスに特化した本です。なぜロサンゼルス?なぜ投資安全度が高いのか?ロサンゼルスの中でもどのエリアが良いのか?などコアな情報が書かれています。
購入はこちらから

・「海外不動産投資はなぜドイツがいいのかホンネでお話いたします」

著者:市川隆久

長年多くの経験を積んだ著者自身が多国地域を渡り歩き、現地で見てきた実体験の中で、なぜドイツを推すのか?また、海外不動産投資の成功への独自の理論などを記されています。
購入はこちらから

海外不動産全般に関する本・その他

・「誰でもできる!やさしい海外不動産投資」

著者:浦田健、奥村尚樹

海外不動産が初見だという方にとって、海外不動産独特な特徴や疑問に答えてくれる本です。「海外」という型を破り、不動産投資の基本を忠実に解説されています。海外不動産に興味を持つきっかけに最適な一冊です。
購入はこちらから

・「究極の海外不動産投資」

著者:内藤忍

資産運用コンサルタントとして投資家ファンが多い内藤氏による、新興国から先進国まで幅広いエリアの特徴から具体的な物件事例まで掲載された本です。不動産投資未経験の方よりも日本国内で不動産投資を行っている又は海外不動産投資を考えている方にお勧めの一冊です。
購入はこちらから

・「決定版! 海外不動産投資《地球の買い方》」

著者:一般社団法人 アジア太平洋大家の会 & 一般社団法人 日本賃貸経営業協会

実際に海外不動産投資で成功した日本人による実体験に基づいた本です。日本人に人気な投資対象国であるアメリカやマレーシアなど4ヵ国について、メリットだけではなくリスクについても触れられています。
購入はこちらから

・「海外不動産管理・運営バイブル」

著者:田邊浩久

既に海外不動産投資を行っており、現状の物件収支に悩んでいる方々には海外不動産の管理に特化した本は他に見当たらないとてもお勧めの一冊です。これから投資を検討されている方にとっても投資前の判断材料として参考になると思います。
購入はこちらから

関連記事

この記事へのコメントはありません。